ブランド服の処分にはこうするとよい

>

ブランド服を買取に出すなら

この記事をシェアする

リサイクルショップについて

ブランド洋服を買取に出す際の店舗は大きくわけて3つあります。
まず、リサイクルショップ。

リサイクルショップはブランドの専門的な知識がありません。
会社によってはブランド品はここを見なさいという最低限の教育をしているところもあります。
ですが、最近はスーパーコピーという精巧につくられた偽物も存在します。
これを見抜くにはだいぶ専門的な知識と経験が必要です。
リサイクルショップで扱うものは洋服に限らず家電や靴、家具におもちゃなど幅広いわけです。
つまり、ブランドの専門的知識よりより幅広い商品の知識の方が重宝されるのです。
なので、リサイクルショップでの査定の基準は持って行った貴方になります。
やけに貧相な服装の人やあまりお金を持っていそうにない人はいくらブランド品を持ち込んでも偽物だろうと買いたたかれるそうです。

買取業者と質屋

次は買取業者と質屋です。
まず、両方に共通して言えることは専門家がいることです。
買取業者は、ブランド品を買取り再販売します。
ブランド品を率先して販売したいのが買取業者です。
店頭にはリサイクルショップとは違い、家具家電やおもちゃというよりはブランド品を並べるのが買取業者です。
なのでブランド服への査定の配慮がされています。
本物か偽物か、今の相場など専門的な知識が豊富でリサイクルショップより高値で買い取ってくれます。

次は質屋です。
質屋は持ち込まれた商品を査定し、その中で融資をするというお店です。
いざという時はその商品を買い取るようなかたちで融資をするわけです。
買い取った際に損にならないようにブランド服を見極める専門家がいるわけです。

つまり、ブランド服として高く正しく査定されたいのならば買取業者か質屋がよいのです。